ゴルフで傾斜をうまく打つ方法をご紹介!

ティーショット

傾斜ショットをうまく対処してスコアアップ!

 

ゴルフ場では打ちっぱなしとは違い、傾斜があります。平らで打てるというのはティーショットぐらいです。

 

ですので、初心者の方でも傾斜からの打ち方は難しいと感じている人が多いと思います。特につま先下がりや左足下がりの場合は苦手意識が強い方が多いようです。

 

当サイトでは傾斜ショットの打ち方をご紹介します。ぜひ、傾斜からのショットを克服してください。

 

傾斜別の打ち方のコツ

 

傾斜によってスタンスの取り方、体重のかけ方やボールの置き方などが全く変わってきます。スライスしやすいとかフックしやすいなどもありますのでそれぞれの傾斜での基本的な打ち方をぜひマスターしてください。

 

ただ、ゴルフ場に出るとつま先上がりの左足下がりなど複合した傾斜もでてきます。そういうときも戸惑わなくていいようにするとさらなるスコアアップが期待できます。

 

ゴルフといえばやっぱり”飛ばし”ですよね。ラウンドしてるとどうしても「飛ばしたい」「1ヤードでも遠くへ」と考えてしまいます。もし、クラブを変えるだけで約20ヤードも飛ばせるようになったらいいと思いませんか?そんな人に高反発ドライバーが今一番おすすめ。

 

あなたは何も変える必要なく飛距離アップできます。

更新履歴