つま先下がりの傾斜から上手く打つコツ

難しい傾斜からの打ち方の注意点やコツを知っておくと斜面でのミスショットを減らすことができます。

 

つま先下がりの傾斜では、体とボールの距離が離れるので普通にスイングしてもボールにとどかないため、初心者の方などは手先で届かせようとしてしまいます。

 

そうするとインパクトで体が浮くなど体が動いてしまったり、手打ちになってしまったりしてトップなどのミスを誘発してしまいます。

 

そこで、ボールに届かせるために前傾角度を深くしてしまうと、今度は体の回転がしにくくなって、結局のところ同様に手先でボールに合わせる打ち方になってしまうのです。

 

つまり、前傾を深くすることでボールの位置に近くに立つことはできても、ミスを誘発してしまうことになるのです。

 

では、基本の打ち方をつま先下がりでするためには、どのようにすれば良いのかというと、両足のスタンス幅を通常よりも広くして腰を落とすようにするのです。

 

このように構えることでボールとの距離を縮められますし、不安定な傾斜面でも下半身を安定させられるのでスイングにブレが生じなくなるのです。ただし、この時に前傾角度が崩れた状態で重心を落としても意味がないので、通常のアドレスにおける前傾角度を保持したまま両足を広げてスタンス幅を広げるのがコツになります。

 

このような感じで正しい構えさえできるようになれば、あとは基本通りにスイングするだけです。ただ、下半身を固めたコンパクトなスイングを意識することもコツのひとつになります。

 

それから飛距離が落ちることが考えられるので、クラブは通常の1つ長いものを使用すると良いです。

 

まとめ

  • 両足のスタンス幅を通常よりも広くして腰を落とす
  • 下半身を固めたコンパクトなスイングを意識する
  • クラブは通常の1つ長いものを使用すると良い

 

傾斜別の打ち方のコツ

 

トップページへもどる