ゴルフで左足下がりでの打ち方のコツ

ゴルフ初心者の方だけでなく左足下がりの斜面におけるショットは結構難しくて、いろいろな注意点やコツを知っていてもまともにヒットしない気がします。

 

しかし、苦手を作ってしまっては上達しないので、左足下がりでの打ち方のコツなどを知っておくと良いです。

 

左足下がりでの打ち方のポイントは、体重と重心をどこに置くのかです。左足下がりの傾斜面では体重は左足にかかることになりますが、重心まで左足にかけてしまうと左足だけで打つことになってしまい正しいスイングになりません。

 

そこで重心だけは右に残すようにスイングするのがコツのひとつで、簡単に言うと傾斜に対して逆らわずに垂直に立つということです。

 

左足下がりの状況でボールを上げようとするのは無理ですし、そのようなことを考えるのはNGなので、低弾道をイメージして打ち出すことです。打つ時のコツは低弾道で距離が伸びるので6割のショットでゆっくりコンパクトなスイングを心がけることです。

 

この状況でのフルスイングは、大ダフリやトップになってしまう可能性か高く良いことは何ひとつないので禁物です。それから通常の状況で考えるクラブよりもワンクラブ小さ目のものを選択するのもポイントになります。

 

左下がりの傾斜面でのショットは、どうしてもボールが右に出やすい(スライスしやすい)といった特徴があるので、目標をやや左目にして狙うことも忘れてはいけないポイントのひとつです。

 

ただ、少しずつ慣れてくると自分で考えたところに打てるようになってくるので、初心者のうちは斜面とケンカしないこともコツと言えます。

 

まとめ

  • 重心だけは右に残すようにスイングする
  • 傾斜に対して逆らわずに垂直に立つ
  • 左足下がりの状況でボールを上げようとするのは無理
  • 低弾道をイメージして打ち出すこと
  • 6割のショットでゆっくりコンパクトなスイングを心がけること
  • スライスしやすいので目標をやや左目にして狙うこと

 

傾斜別の打ち方のコツ

 

トップページへもどる