ゴルフで左足上がりでの打ち方のコツ

練習場では常にベストな状態で打つことができますが、ゴルフ場ではティーショット以外はベストなライから打つことがほとんどできないと言えます。

 

多少の傾斜なら普通に打つことは可能ですが、10度以上の傾斜になると影響を受けるので、左足上がりでの打ち方の注意点やコツを知っておくと良いです。

 

左足上がり斜面のショットで最も注意しなければならないことは、右肩が下がりすぎてしまうことです。

 

右肩が下がりすぎると、どうしてもクラブが下から入ってすくい打ちになってしまいますし、スイングの軸がぶれてしまう可能性が高くなってしまいます。このような弊害を回避するためには、傾斜に逆らわずに垂直に立つように心がけることがコツです。

 

左足上がりの状態は普通に打ったとしてもボールは上がる傾斜なので、逆に低いボールをイメージして打つようにすると良いです。

 

またクラブはダフリ気味に入ってしまうことが多いので、通常よりも一番手大き目のクラブを選んでコンパクトに打つように心がけることです。そうすることによって成功する確率はアップしていきます。

 

左足上がりでの打ち方をはじめ傾斜で打つ時の練習方法としては、直径約5cmの材木などをかかとやつま先で踏み様々な状況を再現してスタンスの練習をすることです。

 

また傾斜面でも自然に垂直立ちができるように、坂道を利用して立つ練習を繰り返すと効果があります。このように工夫して練習をすることで、傾斜面での打ち方の苦手意識を克服することにつながっていきます。

 

左足上がりでの打ち方のまとめ

  • 右肩が下がりすぎないようにする
  • 傾斜に逆らわず垂直に立つ
  • ダフリ気味になるので一番手大き目のクラブを選択
  • コンパクトに大振りしない

 

傾斜別の打ち方のコツ

 

トップページへもどる